動脈硬化の予防に役立つノコギリヤシ

ノコギリヤシは、動脈硬化の予防に効果的な健康食品です。
動脈硬化は、血液を送り出す動脈が柔軟性を失って硬くなる症状です。動脈硬化が進行すると、脳梗塞・心筋梗塞・内臓疾患などの重大な病気の発症リスクが高まります。
ノコギリヤシには動脈硬化の進行を抑制する効果があり、身体の健康維持に役立ちます。

動脈硬化の予防に役立つノコギリヤシの効果

ノコギリヤシには、動脈硬化の予防に役立つ健康効果があります。

生活習慣病の予防・改善

動脈硬化は、糖尿病・高血圧・脂質異常症といった生活習慣病によって進行が早まります。
ノコギリヤシは、これらの生活習慣病の予防・改善に役立ち、動脈硬化の進行を強く抑制します。

糖尿病

糖尿病は、動脈硬化を進行させる主要な要因のひとつです。
血糖値が高くなると、血液中の脂質が血管の内側に付着しやすくなり、動脈硬化の進行が早まります。

ノコギリヤシには、糖尿病を悪化させる肥満を防ぐ効果や、血糖値を抑制するホルモンの働きを補助する効果があり、糖尿病の予防・改善に役立ちます。
ノコギリヤシは、糖尿病を予防して動脈硬化の進行を抑制します。

ノコギリヤシの糖尿病に対する効果について詳しくはこちら>>

高血圧

高血圧は、動脈硬化を悪化させます。
血圧が高くなると、血管は圧力に対抗するために血管壁を厚くします。その結果、血管の柔軟性が失われて動脈硬化が進行します。
動脈硬化が進行すると、動脈が血液をスムーズに送り出せなくなり、さらに血圧が高まるという悪循環が起こります。動脈硬化の予防には、高血圧を改善することが大切です。

ノコギリヤシには、血液中の脂質を減らして血液をサラサラにする効果や、血管を広げて血流量を増やす効果があります。ノコギリヤシは血流をスムーズにして血圧を抑制し、高血圧による動脈硬化の進行を抑制します。

ノコギリヤシの高血圧に対する効果について詳しくはこちら>>

脂質異常症

脂質異常症は、血液中の脂質が過度に多くなる症状です。脂質異常症の状態では血管の内側に脂質が付着しやすくなるため、動脈硬化の進行が早まります。
動脈硬化の予防には、血液中の脂質を減少させることが大切です。

ノコギリヤシには、血液中の脂質の抑制に役立つ成分が含まれているほか、脂肪の燃焼を促進して血液中の脂質を減らす効果があります。
ノコギリヤシは、脂質異常症を予防・改善して動脈硬化の進行を防ぎます。

ノコギリヤシの脂質異常症に対する効果について詳しくはこちら>>

ストレス軽減

ストレスは、動脈硬化を悪化させる主要な要因のひとつです。
ストレスを感じると、血糖値が上昇して血管に脂質が付着しやすくなります。また、血管が収縮して血圧が上がるほか、血液中の脂質も増加します。

ノコギリヤシは古くから鎮静作用のあるハーブとして利用されており、ストレスを軽減する効果があります。
ノコギリヤシは、ストレスによる動脈硬化の進行を抑制します。

ノコギリヤシのストレス軽減効果について詳しくはこちら>>

動脈硬化の進行を抑制するノコギリヤシの成分

ノコギリヤシには、動脈硬化の抑制に役立つ成分が含まれています。
ノコギリヤシは以下の成分を身体に補い、動脈硬化の予防に役立ちます。

β-シトステロール

β-シトステロールは植物の細胞を構成する成分で、コレステロールに似た分子構造をもっています。β-シトステロールは、コレステロールを吸収するために必要な胆汁酸と腸内で結合して、コレステロールの体内への吸収を阻害します。
β-シトステロールには血液中のコレステロールを減らして動脈硬化を予防する作用があり、ヨーロッパでは医薬品としても使用されています。

オクタコサノール

オクタコサノールは、果物の皮やサトウキビなどにも含まれているアルコールの一種です。
オクタコサノールには血液中の脂質を抑制する作用があり、血液をサラサラにして動脈硬化の予防に役立ちます。

オレイン酸

オレイン酸は、オリーブオイルに多く含まれている不飽和脂肪酸です。オレイン酸の摂取量が多い地中海沿岸地域の人は、動脈硬化が原因で起こる心筋梗塞の発症率が低いことが知られています。
オレイン酸には血液中の悪玉コレステロールを抑制する効果があり、動脈硬化の予防に役立ちます。

ノコギリヤシを習慣にして動脈硬化を予防

以上のように、ノコギリヤシは動脈硬化の予防にとても効果的です。
ただし、ノコギリヤシは健康食品であり、基本的に即効性はありません。ノコギリヤシの効果は、身体の調子を整えながらゆっくりと発揮されます。そのため、効果を十分に得るためには、ノコギリヤシを毎日の習慣にして長期間摂取を継続することが大切です。

ノコギリヤシ配合のサプリメントを毎日の生活に取り入れて、動脈硬化の予防に役立ててみることをおすすめします。