ノコギリヤシと医薬品の飲み合わせに注意

ノコギリヤシと医薬品の併用には、十分に注意する必要があります。
ノコギリヤシは効果の高い健康食品ですが、特定の医薬品と併用すると、相互作用を起こして身体の健康や病気の治療に悪影響を及ぼす場合があります。
ノコギリヤシと薬を併用する場合は、事前に必ず医師に相談して、一緒に摂取しても問題がないことを確認したうえで使用するようにしてください。

ノコギリヤシとの併用に注意すべき薬

ノコギリヤシと薬の併用には、十分な注意が必要です。
ノコギリヤシを特定の薬と併用すると、薬の効果を強めたり弱めたりして、治療に悪影響を及ぼす場合があります。
ノコギリヤシと相互作用を起こす薬の中から、代表的なものをご紹介します。

ワルファリンなどの血栓症治療薬

ワルファリンなどの血栓症の治療薬とノコギリヤシを併用すると、薬の効果が過度に強まる恐れがあります。

・ワルファリンは血液を固まりにくくする薬
血液には、出血時に固まって血液の流出を止める働きがあります。そうした働きが過度に強くなると、血管内で血が固まって血栓ができてしまいます。血栓ができるとその先に血液が流れなくなり、組織の機能障害が起こります。
ワルファリンは血液を固まりにくくして血栓を防ぐ作用のある薬で、血栓が原因で起こる心筋梗塞・脳梗塞・肺塞栓症などの治療に広く用いられています。

・ノコギリヤシはワルファリンの作用を強める
ノコギリヤシには、血液中の悪玉コレステロールを減少させる成分が豊富に含まれており、血液をサラサラにする効果があります。
ノコギリヤシの血行促進効果は健康に役立ちますが、ワルファリンと併用すると血液を固まりにくくする作用が過度に強まる恐れがあります。ワルファリンの効果が強まると、出血時に血が止まりにくくなるほか、内出血・血尿・内臓疾患などの原因になります。

・ワルファリン以外の血栓症治療薬との併用にも注意
血液を固まりにくくする作用のある薬は、ワルファリン以外にも多数あります。
代表的なものにはアスピリンやクロピドグレルがあり、これらとノコギリヤシを併用したところ、血尿の症状が起こったという事例報告があります。

ノコギリヤシと血栓症治療薬との併用には、十分な注意が必要です。血栓症治療薬を服用している場合は、ノコギリヤシの摂取を控えるか、事前に必ず医師に相談するようにしてください。

ピル・ホルモン剤

ノコギリヤシには、男性ホルモンの働きや女性ホルモンの働きを抑制する効果があります。
そのため、ホルモンに関係する薬の効き目に悪影響を及ぼす場合があります。

ピルは、配合されている女性ホルモンの働きによって排卵を抑制する経口避妊薬です。ピルやホルモン剤とノコギリヤシを併用すると、それらの効き目に悪影響が及ぶ場合があります。
ホルモンに関係する薬を服用している場合は、ノコギリヤシの摂取は避けるべきです。

フィナステリド

・フィナステリドは男性型脱毛症の治療薬
フィナステリドは、男性型脱毛症(AGA)の治療薬として利用されている薬です。
男性型脱毛症には、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンの働きが関係しています。フィナステリドには、ジヒドロテストステロンの発生に関わる5α-リダクターゼと呼ばれる酵素の働きを抑制する作用があり、男性型脱毛症を予防・改善します。

・ノコギリヤシと併用すると副作用のリスクが高まる
ノコギリヤシにも5α-リダクターゼの働きを抑制する効果があり、男性型脱毛症の予防に効果的です。
しかし、ノコギリヤシとフィナステリドを併用すると、5α-リダクターゼを抑制する働きが重複します。その結果、フィナステリドの副作用である性欲減退や胃部不快感といった症状が起こりやすくなってしまいます。

ノコギリヤシとフィナステリドはともに男性型脱毛症に効果的ですが、両者を併用するのは避けるべきです。

その他の医薬品

以上の医薬品以外にも、ノコギリヤシと相互作用を起こす可能性のある薬は多数存在します。

ノコギリヤシが薬の代謝に関わる複数の酵素の働きを阻害したという研究報告があります。そうした酵素が代謝に関係している薬とノコギリヤシを併用すると、薬の代謝が阻害されてしまい、薬の効果が過度に強まる恐れがあります。

医薬品とノコギリヤシを併用する場合は事前に医師に相談

以上のように、ノコギリヤシと医薬品を併用すると相互作用が起こる場合があります。
相互作用が起こると、病気の治療や身体の健康に悪影響が及びます。

病気の治療で薬を服用している場合は、ノコギリヤシの摂取を自己判断してはいけません。
ノコギリヤシと医薬品を併用したい場合は、事前に医師や薬剤師に相談して、相互作用が起こらないことを確認したうえで摂取することが大切です。