うつ症状の予防・改善に役立つノコギリヤシ

ノコギリヤシは、身体の健康だけでなく心の健康維持にも効果的です。
ノコギリヤシには、うつ症状の予防に役立つホルモンの血中濃度を高める効果があります。また、ストレス軽減効果や睡眠を改善する効果といった、うつ症状の予防・改善に役立つ健康効果もあります。
うつ症状を防いで心の健康を維持したい人には、ノコギリヤシがおすすめです。

うつ症状の予防・改善に役立つホルモンを増やす

ノコギリヤシには、心の健康維持に役立つホルモンの血中濃度を高める効果があります。

テストステロン

テストステロンは男性ホルモンの一種で、不足するとうつ症状の原因になります。
ノコギリヤシにはテストステロンの減少を抑制する効果があり、うつ症状を予防して心の健康維持に役立ちます。

・テストステロンの不足はうつ症状を引き起こす
テストステロンは、筋肉を増やす作用や性欲を高める作用のあるホルモンですが、心の健康維持にも重要です。テストステロンの減少は、うつ症状の原因になります。

テストステロンが標準値より低い男性200名のうち、56%にうつ症状がみられ、25%が抗うつ薬を使用していたというアメリカの調査報告があります。
また、日本においても、テストステロンの減少が原因で起こる男性更年期障害の受診患者のうち、47.8%がうつ病だったという報告があります。

・テストステロンは女性の心の健康維持にも重要
テストステロンは男性ホルモンですが、女性の体内にも存在しています。女性の血液中のテストステロン値は、男性の5-10%程度です。
テストステロンは女性の心の健康維持にも深く関係しています。テストステロンの減少は、女性更年期障害のメンタルトラブルの要因のひとつとされています。また、更年期障害による抑うつ感を改善するために、女性ホルモンとともにテストステロンを投与する治療も行われています。

・ノコギリヤシはテストステロンの減少を抑制する
テストステロンは、5α-リダクターゼと呼ばれる酵素によって別の物質に変換されます。
ノコギリヤシには5α-リダクターゼの働きを阻害する作用があり、うつ症状の原因となるテストステロンの減少を抑制します。

・筋肉を増やしてテストステロンの増加を促す
ノコギリヤシには、身体の筋肉量を増やす効果があります。筋肉量はテストステロンの分泌と深く関係しており、筋肉量が増えるとテストステロンの分泌が活発になります。
ノコギリヤシは筋肉の増加を補助してテストステロンの分泌を促進し、テストステロンの減少によるうつ症状を予防します。

筋肉増加に役立つノコギリヤシの効果について詳しくはこちら>>

DHEA(デヒドロエピアンドロステロン)

DHEA(デヒドロエピアンドロステロン)は、副腎や性腺で産生される男性ホルモンの一種です。DHEAには生活習慣病の予防効果などの多くの効果があり、うつ症状を防ぐ効果もあります。

ノコギリヤシには脂質の一種であるβ-シトステロールが含まれており、β-シトステロールを摂取したところ、DHEAの血中濃度が上昇したという研究報告があります。
ノコギリヤシは、β-シトステロールの働きによってDHEAの分泌を補助し、うつ症状の予防・改善に役立ちます。

うつ対策に役立つノコギリヤシの効果

ノコギリヤシにはさまざまな健康効果があり、その中にはうつ症状の予防・改善に役立つものがあります。

ストレス軽減

ストレスは、うつ症状の主要な原因として知られています。うつ症状を予防・改善するためには、ストレスを軽減してなるべくリラックスすることが重要です。

ノコギリヤシには、ストレス軽減効果のあるオクタコサノールが含まれています。オクタコサノールは、果物の皮や米ぬか、サトウキビなどにも含まれているアルコールの一種です。
ストレスを与えたラットにオクタコサノールを投与したところ、ストレスの指標となるホルモンの血中量が減少したという実験報告があります。

ノコギリヤシはオクタコサノールの働きによってストレスを軽減し、うつ症状を予防します。

睡眠の改善

うつ症状の予防・改善には、十分な睡眠をとることが重要です。

ストレスは睡眠の質に深く関係しています。強いストレスを感じていると、睡眠を阻害するホルモンが分泌されて睡眠の質が低下します。
ノコギリヤシにはストレスを軽減する効果があり、ストレスによる睡眠の質の低下を防ぎます。
ノコギリヤシは、質の良い睡眠を促してうつ症状を予防します。

以上のように、ノコギリヤシには、うつ症状の予防・改善に役立つさまざまな効果があります。
うつ症状を防いで心の健康を維持したい人は、ノコギリヤシ配合のサプリメントを毎日の生活に取り入れてみることをおすすめします。