ノコギリヤシの糖尿病に対する効果

ノコギリヤシは、糖尿病の予防にも役立ちます。
ノコギリヤシには、男性ホルモンのテストステロンの減少を抑制する効果やダイエット効果などの、糖尿病の予防・改善に役立つさまざまな効果があります。
また、オクタコサノールやβ-シトステロールといった血糖値の抑制に役立つ成分も含まれています。

糖尿病予防に役立つノコギリヤシの効果

ノコギリヤシには、糖尿病の予防に役立つさまざまな効果があります。

テストステロンの減少を抑制する

テストステロンは男性ホルモンの一種で、糖尿病を予防・改善する作用があります。
ノコギリヤシには、テストステロンの減少を抑制する効果があります。

・テストステロンは糖尿病の予防・改善に役立つ
テストステロンには、糖の代謝に重要なタンパク質の生成を促進する作用や、糖の代謝に関わる酵素の働きを活性化する作用があります。

糖尿病の患者は、血液中のテストステロン値が低い傾向があることが報告されています。
また、テストステロンを糖尿病患者に投与したところ、血糖値・内臓脂肪・総コレステロール値が改善したとの実験報告があります。
テストステロンは、糖尿病の予防・改善に重要なホルモンです。

・ノコギリヤシはテストステロンの減少を抑制する
テストステロンは、5α-リダクターゼと呼ばれる酵素の働きによって別の物質に変換されます。ノコギリヤシには5α-リダクターゼの働きを阻害する効果があり、テストステロンの減少を抑制します。
ノコギリヤシは、テストステロン値を高く保つことで糖尿病の予防・改善に役立ちます。

抗炎症作用

身体の組織の炎症は、糖尿病の進行と深く関係しています。
インスリンは、血糖値を抑制する働きのあるホルモンです。脂肪組織に炎症が起こると、インスリンの効き目を低下させるタンパク質が増加して血糖値が上昇しやすくなります。

ノコギリヤシには炎症に関わる酵素の働きを抑える作用があり、炎症を緩和します。
ノコギリヤシは、脂肪組織の炎症を抑制してインスリンの効き目を高く保ち、糖尿病の予防に役立ちます。

ダイエット効果

肥満と糖尿病の進行は密接に関係しています。
肥満によって内臓脂肪が増加すると、インスリンの効き目を高める作用のあるホルモンの分泌量が減少します。肥満は、糖尿病を悪化させる主要な要因のひとつです。

ノコギリヤシには、身体の代謝エネルギーを高めて脂肪の燃焼を促進する効果があります。
ノコギリヤシには高いダイエット効果があり、糖尿病の原因となる肥満の予防・改善に役立ちます。

ノコギリヤシのダイエット効果について詳しくはこちら>>

ストレス軽減効果

ストレスは、糖尿病を悪化させる要因のひとつです。ノコギリヤシにはストレスを軽減する効果があり、ストレスによる糖尿病の悪化を抑制します。

・ストレスは血糖値を上昇させる
ストレスを感じると、ストレスに対抗するためにアドレナリンやコルチゾールなどのホルモンが分泌されます。これらのホルモンはストレス対処に不可欠ですが、その一方で血糖値を高める作用があります。そのため、強いストレスを長期間感じていると、糖尿病の発症リスクが高まります。

・ノコギリヤシはストレスを軽減する
ノコギリヤシには、ストレスを軽減する作用のあるオクタコサノールが含まれています。オクタコサノールは果物の皮などに含まれているアルコールの一種です。
ノコギリヤシは、オクタコサノールの働きによってストレスを軽減し、ストレスによる血糖値の上昇を抑えます。

血糖値の抑制に役立つノコギリヤシの成分

ノコギリヤシには、血糖値の抑制に役立つ成分が含まれています。

オクタコサノール

オクタコサノールには身体に蓄積されている栄養素を効率的にエネルギーに変換する作用があり、糖の代謝を促進して糖尿病を予防します。
また、ストレスを軽減して血糖値を抑制する効果もあります。

β-シトステロール

β-シトステロールは植物の細胞を構成する成分で、脂質の体内への吸収を阻害する作用があります。β-シトステロールは、糖尿病を悪化させる肥満の予防・改善に役立ちます。

また、β-シトステロールの摂取により、DHEA(デヒドロエピアンドロステロン)というホルモンの血中濃度が上昇したという実験報告があります。DHEAは、血糖値を抑制する効果があるホルモンです。

以上のように、ノコギリヤシには糖尿病の予防・改善に役立つさまざまな効果があるほか、血糖値の抑制に役立つ成分が含まれています。
血糖値が気になる人は、ノコギリヤシ配合のサプリメントを毎日の生活に取り入れてみることをおすすめします。