ノコギリヤシは脂質異常症の予防・改善に効果的

ノコギリヤシは、脂質異常症の予防・改善にとても効果的な健康食品です。
ノコギリヤシには、血液中の脂質を減少させる成分が含まれています。また、脂質異常症の改善に役立つさまざまな健康効果があります。

血液中の脂質を減少させる成分が含まれている

脂質異常症は、血液中の脂質の量が異常な状態であり、以前は「高脂血症」と呼ばれていました。
ノコギリヤシには、血液中の過剰な脂質を抑制する働きのある成分が含まれています。

β-シトステロール

β-シトステロールは、植物の細胞を構成する成分のひとつで、コレステロールに似た分子構造をしています。

・β-シトステロールはコレステロールの吸収を阻害する
コレステロールを体内に吸収するには、肝臓で生成される胆汁酸の働きが必要です。
β-シトステロールはコレステロールと構造が似ており、腸内で胆汁酸と結合してコレステロールの体内への吸収を阻害します。

・脂質異常症の治療にも用いられている
β-シトステロールには血液中の脂質を減少させる効果があり、アメリカでは脂質異常症の治療に利用されています。
日本でも、β-シトステロールを含有した食品が特定保健用食品として国から認可され、「コレステロールが高めの方に適する」などの表示を許可されています。

ノコギリヤシはβ-シトステロールを身体に補い、脂質異常症の予防・改善に役立ちます。

オレイン酸

オレイン酸は、オリーブオイルや紅花油に多く含まれている不飽和脂肪酸です。
オレイン酸には、血液中の善玉コレステロールを減らすことなく、悪玉コレステロールを減少させる効果があります。
ノコギリヤシにはオレイン酸が豊富に含まれており、悪玉コレステロールを減少させて脂質異常症を改善します。

リノール酸

ノコギリヤシには、リノール酸も含まれています。
リノール酸は、人間が体内で合成できない必須脂肪酸のひとつで、血液中の悪玉コレステロールを減少させる高い効果がある成分です。
ノコギリヤシはリノール酸を身体に補い、脂質異常症の予防・改善に役立ちます。

脂質異常症の予防・改善に役立つノコギリヤシの効果

ノコギリヤシには、血液中の脂質の減少に役立つさまざまな健康効果があります。

ダイエット効果

体脂肪が減少すると、血液中の脂質の量も減少します。
ノコギリヤシには、エネルギーを多く消費する筋肉の増加を促す効果や、血行を促進して身体の代謝エネルギーを増やす効果があります。ノコギリヤシには代謝エネルギーを増やして脂肪の燃焼を促進する効果があり、ダイエットに役立ちます。

ノコギリヤシには高いダイエット効果があり、体脂肪を減少させて脂質異常症の予防・改善に役立ちます。

ノコギリヤシのダイエット効果について詳しくはこちら>>

ストレス軽減

ストレスは、脂質異常症を悪化させる要因のひとつです。
ストレスを感じると、ストレスに対抗するために副腎皮質ホルモンが分泌されます。副腎皮質ホルモンはコレステロールを材料として生成されるため、ストレス時には肝臓から血液中にコレステロールが大量に供給されます。
そのため、ストレス状態が長く続くと、血液中のコレステロールが過度に増加して脂質異常症が悪化します。

ノコギリヤシは古くから鎮静作用のあるハーブとして利用されており、ストレスを軽減する効果があります。ノコギリヤシは、ストレスによる脂質異常症の悪化を抑制します。

ノコギリヤシのストレス軽減効果について詳しくはこちら>>

睡眠の改善

睡眠不足は脂質異常症を悪化させます。
睡眠中には、脂質の代謝を促進する作用のある成長ホルモンが多く分泌されます。睡眠が不足すると、成長ホルモンの分泌量が減少して脂質が代謝されにくくなり、血液中の脂質が増加します。
また、睡眠不足の状態では、食欲を高める作用のあるホルモンのグレリンの分泌量が増加し、食欲を抑えるホルモンのレプチンが減少します。

ノコギリヤシには、ストレス軽減効果や血行促進効果などの、睡眠の改善に役立つ健康効果があります。ノコギリヤシには質の良い睡眠を促す効果があり、睡眠不足による脂質異常症の悪化を防ぎます。

睡眠の質を高めるノコギリヤシの効果について詳しくはこちら>>

ノコギリヤシは続けることが大切

以上のように、ノコギリヤシには血液中の脂質を減少させる高い効果があり、脂質異常症の予防・改善に役立ちます。
ただし、ノコギリヤシは医薬品ではなく健康食品であり、その効果は身体の調子を整えながらゆっくりと発揮されます。ノコギリヤシの効果を十分に得るためには、長期間摂取を継続することが大切です。

コレステロールが気になる人は、ノコギリヤシ配合のサプリメントを毎日の生活に取り入れてみることをおすすめします。