ノコギリヤシは男性と女性の排尿障害を改善する

ノコギリヤシは、男性と女性を悩ませる排尿障害の改善にとても効果的です。
ノコギリヤシは、ヨーロッパでは前立腺肥大症に対する治療薬として使用されており、前立腺肥大症による男性の排尿障害の改善に広く利用されています。また、近年の研究では女性の頻尿の改善に役立つ効果も確認されています。

前立腺肥大症による男性の排尿障害の改善に役立つ

ノコギリヤシには、前立腺肥大症による排尿障害を改善する高い効果があります。

・前立腺肥大症は排尿障害を引き起こす
前立腺は男性特有の臓器で、膀胱の下に尿道を取り囲むようにして存在しています。
前立腺が加齢とともに肥大してしまい、尿道を圧迫して排尿障害が起こるのが前立腺肥大症です。
前立腺の肥大は30歳頃から始まり、日本人男性の約8割が80歳までに前立腺肥大症になるといわれています。

・ノコギリヤシは前立腺肥大症による排尿障害を改善する
前立腺肥大症による排尿障害に対するノコギリヤシの効果は、多くの実験で確認されています。

前立腺肥大症の患者110名に、ノコギリヤシエキスを1日あたり320mg、30日間摂取させたところ、夜間トイレに起きる回数・残尿感・尿の量などに大幅な改善が認められたという実験報告があります。

また、前立腺肥大症の患者42名にノコギリヤシエキスを12ヶ月間投与したところ、少なくとも投与6ヶ月以降には、残尿量の減少や尿の排出がスムーズになるなどの排尿障害の改善効果が得られたことが報告されています。この実験は長期にわたるものでしたが、身体への悪影響は認められませんでした。

このほかにも、前立腺肥大症の患者を対象とした多くの実験で、排尿障害を改善するノコギリヤシの効果が確認されています。

女性の頻尿の改善にも効果的

ノコギリヤシは、男性だけでなく女性の頻尿症状に対しても効果的です。

・膀胱の異常な収縮を抑える効果が確認されている
静岡県立大学と民間企業の共同研究によって、ノコギリヤシに含まれる脂肪酸に頻尿を防ぐ作用があることが確認されています。
ノコギリヤシには、オレイン酸・ラウリン酸・ミリスチン酸・リノール酸・パルミチン酸といった脂肪酸が含まれています。研究によれば、これらの脂肪酸には膀胱の筋肉にある受容体と結合して筋肉を弛緩させる作用があり、膀胱の異常な収縮を抑制します。

・ノコギリヤシは女性の頻尿を改善する
こうしたノコギリヤシの効果は、女性の頻尿の改善にとても効果的です。女性の頻尿の多くは、何らかの刺激によって膀胱が異常収縮することによって発生します。
ノコギリヤシには膀胱の筋肉を弛緩させる成分が含まれており、女性の頻尿の改善に役立ちます。

排尿障害の改善に役立つノコギリヤシの効果

ノコギリヤシには、排尿障害の予防・改善に役立つ健康効果があります。

血行促進

身体の血行促進は、排尿障害の改善に役立ちます。
血行が悪化して身体が冷えると、膀胱が収縮して頻尿の症状が起こりやすくなります。また、下半身の血行が悪化すると前立腺肥大症の症状が悪化することが知られています。
排尿障害の予防・改善には、血行を促進して身体を温めることが大切です。

ノコギリヤシには、血液中の脂質を減少させて血液をサラサラにする効果があります。
ノコギリヤシは血流をスムーズにして身体を温め、排尿障害の予防・改善に役立ちます。

抗炎症作用

膀胱や前立腺といった排尿に関わる器官の炎症は、頻尿や残尿感などの排尿障害の原因になります。
ノコギリヤシには炎症に関わる酵素の働きを抑える作用があり、炎症の緩和に役立ちます。
ノコギリヤシには抗炎症作用があり、膀胱炎や前立腺炎による排尿障害の予防・改善に役立ちます。

腎機能の向上

腎臓は、血液をろ過して尿を生成する器官です。腎臓の機能低下は排尿障害の原因になります。

ノコギリヤシに、腎臓の血管を収縮させる受容体の働きを阻害して腎臓の血流低下を防ぐ効果があることが、研究で確認されています。また、ノコギリヤシには血液をサラサラにする効果があり、腎臓の血行を促進します。
ノコギリヤシには血行を促進して腎臓の健康状態を高める効果があり、腎機能の低下による排尿障害を防ぎます。

ノコギリヤシは続けることが大切

以上のように、ノコギリヤシは排尿障害の予防・改善にとても効果的です。
ただし、ノコギリヤシは医薬品ではなく健康食品であり、その効果はゆっくりと発揮されます。排尿障害の改善効果を確認した実験でも、1ヶ月以上の摂取期間が設けられています。

ノコギリヤシの効果を得るためには、長期間摂取を継続することが大切です。
排尿障害に悩んでいる人は、ノコギリヤシを毎日の生活に取り入れてみることをおすすめします。