髪を元気

ノコギリヤシは皮脂分泌抑制にも効果

ノコギリヤシは中高年になると多くなる、頻尿や残尿感、切れの悪さや出にくいなどの尿の悩みに対応できる、また、薄毛、抜け毛など男性型脱毛症への効果があるなど、男性の中でも特に中高年層の方に効果を発揮する働きが注目されています。
中高年年代になると、生活習慣病へのリスクやほかの病気へのリスクなども高まってしまいますが、病気という所まで行かなくても、何となく残尿感がある、尿を出しにくくなった、勢いよく出ないなど、今までとは違う尿の状態を実感される方も多いでしょう。

尿の問題は人によっては恥ずかしさを感じ、人に相談できないという方もいますので、こうしたサプリメントが販売されているのは非常に助かります。
ただ症状が重くなっていくようなら、必ず医療機関を受診するようにしましょう。

ノコギリヤシはこのほかにも効果があります。
頻尿や薄毛などの改善する効果は、男性ホルモンであるテストステロンを変異させる還元酵素5α-リダクターゼを抑制し、ジヒドロテストステロンという活動型男性ホルモンにしないようにすることから得られる効果ですが、このジヒドロテストステロンが少なくなるという効果は、過剰な皮脂分泌を抑制するという効果にも結び付きます。

ジヒドロテストステロンが多い状態では、皮脂分泌が過剰となり頭皮や肌に皮脂が多くなり、それが毛穴に詰まって角栓となって、ニキビなどの吹き出物になる事も多いのです。
皮脂の過剰分泌の抑制に関しても、ノコギリヤシの効果として覚えておくといいでしょう。
ノコギリヤシのサプリメントの比較について参考にご覧ください。