ノコギリヤシの1日の摂取量は?過剰摂取するとどうなる?

ノコギリヤシの摂取目安量は、1日あたり320mg程度とされています。
ノコギリヤシを過剰摂取すると、腹痛などの体調不良の原因になります。ノコギリヤシは、製品に記載された摂取目安量を守って安全に使用することが大切です。

摂取目安量は1日あたり320mgとされている

ノコギリヤシの摂取目安量は、一般的に1日あたり320mg程度とされています。
ただし、ノコギリヤシは健康食品であり、用法・用量が定められている医薬品ではありません。320mgという数値は公的機関などで定められたものではなく、あくまでも一般的な目安です。

健康食品の中には、公的機関によって摂取目安量が定められているものもあります。しかし、ノコギリヤシは安全性に関する体系的な研究が不足しており、明確な目安量が算出できるほどのデータが揃っていません。

320mgは過去の研究報告に基づいた数値

ノコギリヤシの摂取目安量とされる320mgは、過去の研究報告に基づいた数値です。

1日1回、320mgのノコギリヤシを継続的に投与したところ、育毛効果が確認されたという研究報告があります。また、1日2回に分けて160mgずつ投与したところ、前立腺肥大症による頻尿障害が改善されたとする実験報告があります。
さらに、1日あたり320mgを1年間投与する実験が複数行われており、この摂取量での安全性も確認されています。
以上のような研究報告に基づいて、ノコギリヤシの摂取目安量は一般的に320mgとされています。

1日あたり400mg投与した実験なども行われており、320mgを超えてもただちに健康に悪影響が及ぶわけではありません。しかし、ノコギリヤシを安全に利用するために、320mgの摂取目安量を守ることをおすすめします。

サプリは製品に記載されている摂取目安量を守る

市販されている多くのノコギリヤシサプリは、1日あたり320mg以内の摂取目安量になるよう配合量が調整されています。そのため、製品に記載されている目安量を守れば、基本的に過剰摂取になることはありません。
ノコギリヤシサプリは、製品に記載されている摂取目安量を守ることが大切です。

輸入品のノコギリヤシサプリは摂取量に注意

日本製ではなく輸入品のノコギリヤシサプリを利用する際には、特に注意が必要です。
海外製のサプリの中には、1日あたり320mgを超える量が配合されている製品もあります。

輸入品のノコギリヤシサプリは主にアメリカ製です。平均的な日本人はアメリカ人よりも身体が小さいため、アメリカ製のサプリを利用すると成分の過剰摂取になる恐れがあります。
輸入品のサプリを利用する際には、ノコギリヤシの配合量をチェックして、過剰摂取にならないよう注意しましょう。

ノコギリヤシの過剰摂取は体調不良の原因になる

ノコギリヤシは安全性の高い健康食品です。しかし、ノコギリヤシはホルモンの働きに影響を及ぼすため、過剰摂取するとホルモンバランスの乱れが起こる場合があります。
ノコギリヤシの摂取による体調不良は軽度なものが多いですが、以下のような症状が起こった事例が報告されています。

・消化器症状:便秘・下痢・腹痛・吐き気
・血液循環の異常による症状:めまい・頭痛・高血圧・ほてり
・その他の症状:筋肉痛・疲労感・不眠

ノコギリヤシを過剰摂取すると、以上のような体調不良が起こりやすくなります。ノコギリヤシは、摂取目安量を守って安全に利用することが大切です。

体調不良が起こったら摂取を中止して医師の診察を受ける

体質は人によって異なり、ノコギリヤシの成分に対する感受性にも個人差があります。そのため、過剰摂取していなくても上記のような体調不良の症状が起こる可能性があります。
万が一ノコギリヤシの摂取によって体調が悪化した場合は、すぐに摂取を中止して医師の診察を受けるようにしてください。摂取を続けると、症状が悪化する恐れがあります。

ノコギリヤシは適量の摂取を継続することが大切

ノコギリヤシには、排尿障害の改善効果や育毛効果、精力増強効果などのさまざまな効果があります。しかし、多く摂取すれば効果が高まるというものではありません。
ノコギリヤシは、適量を継続的に摂取することで高い効果を発揮します。短期間摂取して効果を実感できなくても、摂取量を増やしたりせず、製品に記載された目安量を守って摂取を継続することが大切です。

摂取目安量を守って安全にノコギリヤシを使用し、健康と美容に役立てることをおすすめします。