ノコギリヤシのストレス軽減効果

ノコギリヤシは古くから鎮静作用のある民間薬として利用されており、ストレスを軽減する効果があります。
ノコギリヤシにはストレスを緩和する成分が含まれているほか、抗ストレス効果のあるテストステロンの減少を抑制する効果などの、ストレス軽減に役立つ健康効果があります。

ストレスを緩和するノコギリヤシの成分

ノコギリヤシには、ストレス軽減に役立つ成分が含まれています。

オクタコサノール

オクタコサノールは、果物の皮や米ぬか、サトウキビなどにも含まれているアルコールの一種です。

ストレスを与えたラットにオクタコサノールを投与したところ、ストレスの指標となる血液中のホルモン濃度が低下して、ストレスで誘発された睡眠障害が改善したという実験報告があります。

ノコギリヤシにはオクタコサノールが含まれており、ストレスを軽減して心の健康維持に役立ちます。

β-シトステロール

β-シトステロールは、植物の細胞を構成する成分のひとつです。
β-シトステロールを摂取したところ、DHEA(デヒドロエピアンドロステロン)というホルモンの血中濃度が増加したという研究報告があります。

DHEAは抗ストレスホルモンの一種であり、ストレスを軽減して意欲を向上させる効果があります。
ノコギリヤシにはβ-シトステロールが含まれており、DHEAの増加を促してストレス軽減に役立ちます。

ストレス軽減に役立つノコギリヤシの効果

ノコギリヤシには、ストレス軽減に役立つ健康効果があります。

テストステロンの減少を抑制する

テストステロンは男性ホルモンの一種で、筋肉を増やす作用や性欲を高める作用があるほか、ストレスへの抵抗力を高める作用があります。
ノコギリヤシには、テストステロンをほかの物質に変換する酵素の働きを阻害する効果があり、テストステロンの減少を抑制してストレス軽減に役立ちます。

・テストステロンが不足するとストレスに対する抵抗力が弱まる
テストステロンには社会性や競争心を高める作用があり、不足するとストレス対する抵抗力が弱まります。
男性更年期障害はテストステロンの減少によって起こり、代表的な症状にうつ症状があります。また、テストステロンが標準値よりも低い男性の半数以上にうつ症状がみられ、25%が抗うつ薬を使用していたというアメリカの調査報告があります。

・ノコギリヤシはテストステロンの減少を抑制する
テストステロンは、5α-リダクターゼと呼ばれる酵素の働きによって別の物質に変換されます。ノコギリヤシには5α-リダクターゼの働きを阻害する効果があり、テストステロンの減少を抑制します。
また、テストステロンは身体の筋肉量が増えると分泌量が増加します。ノコギリヤシには筋肉の増加を補助する効果があり、テストステロンの分泌を促します。

筋肉増加を補助するノコギリヤシの効果について詳しくはこちら>>

ノコギリヤシには、抗ストレス効果のあるテストステロンの減少を抑制する効果があり、ストレスに対する身体の抵抗力を高めます。

排尿障害の改善

ノコギリヤシは古くから排尿障害を改善する民間薬として利用されており、その効果は数多くの実験でも確認されています。
排尿障害は強いストレスの原因になります。また、頻尿などの排尿障害が起こると、トイレに行くために夜中に何度も起きなければならなくなり、ストレスの解消に重要な睡眠の質が低下します。
ノコギリヤシは、強いストレスの原因となる排尿障害を予防・改善して心の健康維持に役立ちます。

睡眠の質を高める

ストレスの解消には、十分な睡眠をとることが重要です。睡眠不足の状態では、ストレスに対する心身の抵抗力が弱まります。

ノコギリヤシに含まれるオクタコサノールに睡眠を改善する効果があることが、動物実験で確認されています。
また、ノコギリヤシには血行を促進する効果があり、就寝時の体温調節を補助して睡眠の質を高めます。

ノコギリヤシには質の良い睡眠を促す効果があり、睡眠不足によるストレス耐性の低下を防いでストレス軽減に役立ちます。

睡眠を改善するノコギリヤシの効果について詳しくはこちら>>

ノコギリヤシは継続することが大切

以上のように、ノコギリヤシにはストレスを軽減する効果があり、心身の健康維持に役立ちます。
ただし、ノコギリヤシは医薬品ではなく健康食品であり、その効果は身体の調子を整えながらゆっくりと発揮されます。ノコギリヤシの効果を十分に得るためには、長期間摂取を継続することが大切です。

ストレスを軽減して心身の健康を維持したい人は、ノコギリヤシ配合のサプリメントを毎日の生活に取り入れてみることをおすすめします。