髪を元気

ノコギリヤシとミノキシジルのそれぞれの効果は?

ノコギリヤシは古くから北米地方で男性の強壮、利尿作用があるとして利用されてきたもので、現在はサプリメントなど健康食品として、前立腺肥大の症状の予防・改善、男性型脱毛症の症状改善などに効果があるとして知られていいます。
男性ホルモンに作用する成分で、前立腺の炎症を鎮静させる効果も知られています。

男性型脱毛症への効果が高いというと、ミノキシジルがありますが、これはどのような成分なのか、というと、血管拡張剤として利用されており、そのお薬を利用されていた方に毛髪への効果があったことで、細菌では発毛剤などとして利用されるようになった成分です。
ノコギリヤシと尾内状に男性ホルモンをジヒドロテストステロンに変換させない阻害作用がある事もわかっています。
もともと医薬品として扱われてきた成分がミノキシジルです。

ノコギリヤシは古くから利用されてきた健康にいい植物であり、現在も医薬品として利用するのではなく、サプリメントや健康食品として利用するものです。
ミノキシジルはもともと医薬品であり、毛細血管の拡張作用があるため、利用に関しては注意が必要です。
ミノキシジルのノコギリヤシは稀に低血圧や血管に負担をかけるという事もありますので、副作用に関してよく理解して利用する事が必要です。