髪を元気

ノコギリヤシとテストステロンの関係

年齢を重ねると女性は女性ホルモンの分泌が少なくなり、体内の女性ホルモン量が減少し、更年期障害などの辛い症状を引き起こす要因となります。
同じように男性も年齢を重ねるとホルモンバランスが崩れてしまい、様々な症状を引き起こします。

その症状の中に、前立腺肥大や薄毛、男性型脱毛症などがあるのですが、ここに深く関係するのが男性ホルモンテストステロンとノコギリヤシです。
前立腺肥大や男性型脱毛症にノコギリヤシの効果が注目されていますが、ノコギリヤシエキスに含まれる成分が男性ホルモンテストステロンに深く作用する事で、嫌な症状を改善してくれるといわれています。

男性ホルモンであるテストステロンそのものが何か悪さをしてしまうという事ではありません。
テストステロンに5α-リダクターゼという還元酵素が作用して、「ジヒドロテストステロン」という物質になってしまうと、前立腺を肥大させたり、毛髪の成長を阻害したりしてしまうのです。

ノコギリヤシは、還元酵素5α-リダクターゼそのものを抑制する働きがありますので、ジヒドロテストステロンが過剰に生成されるのを防いでくれるのです。
ジヒドロテストステロンは頭皮に皮脂を過剰分泌させます。
すると皮脂が大好物な菌類が毛穴で増殖し、角栓が形成され、毛穴を塞いでしまうため、頭皮がべたつき毛髪の成長を抑制してしまうという状態を作り出してしまいます。
男性型脱毛症に前立腺肥大にも関係が深いテストステロンを悪さをする物質に変換させないようにしてくれるのが、ノコギリヤシなのです。