ノコギリヤシを飲むべきタイミングは?

ノコギリヤシサプリをいつ飲むべきか迷っている人もいるのではないでしょうか。
ノコギリヤシは医薬品ではなく健康食品であり、基本的にいつ飲んでも構いません。
ノコギリヤシは、長期間摂取を継続することで高い効果を発揮します。そのため、摂取を続けやすいタイミングで飲むことが大切です。

基本的にいつ飲んでも構わない

ノコギリヤシは健康食品であり、用法・用量が定められている医薬品ではありません。
そのため、基本的にいつ飲んでも構いません。

ノコギリヤシにはさまざまな健康効果や美容効果がありますが、そうした効果は短期間の摂取で実感できるものではなく、長期間摂取を継続してこそ十分に発揮されます。そのため、どのタイミングで飲むかよりも、摂取を忘れずに継続することのほうが重要です。
ノコギリヤシは、自分の生活サイクルにあった摂取を続けやすいタイミングで飲むことをおすすめします。

ノコギリヤシを飲むおすすめのタイミング

いつ飲んでもいいといわれても、飲むタイミングに迷ってしまう人も多いでしょう。そうした人のために、おすすめのタイミングをご紹介します。

排尿障害の改善目的の場合は「空腹時」

ノコギリヤシには、頻尿などの排尿障害を改善する効果があります。排尿障害の改善目的で飲む場合は、空腹時がおすすめです。

・医薬品や生薬は空腹時の使用が推奨されている
ノコギリヤシの有効成分であるβ-シトステロールは、ドイツでは前立腺肥大症による排尿障害の改善薬として使用されています。その際には、空腹時の使用が推奨されています。
また、ノコギリヤシは中国で「棕櫚子(しゅろし)」と呼ばれ、排尿障害の改善に役立つ生薬として利用されてきました。生薬の摂取は、空腹時が基本です。

排尿障害の改善効果を高めたい場合は、こうした摂取方法を参考にして、空腹時に摂取するのがおすすめです。

・食後の摂取を推奨しているメーカーもある
なお、排尿障害に役立つ成分とノコギリヤシを一緒に配合したサプリメントのメーカーの中には、食後の摂取を推奨しているところもあります。そうした例を参考にして、食後に飲むのもひとつの手です。

生活習慣病の予防には「食事前」

ノコギリヤシの有効成分であるβ-シトステロールは、ヨーロッパでは生活習慣病予防のための医薬品としても使用されています。
そうした目的で摂取する場合は、「食事と一緒」または「食事の30分前」の摂取が推奨されています。これは、β-シトステロールに脂質の吸収を阻害する作用があるためです。

高血圧・脂質異常症・動脈硬化などの生活習慣病の予防目的でノコギリヤシを利用する場合は、食事前の摂取がおすすめです。

胃腸が弱い人は「食後」

空腹時にサプリメントを飲むと胃もたれや胸焼けを感じる人がいます。そうした胃腸が弱い人の場合は、食後に飲むことをおすすめします。食後に飲めば、胃の中の食べ物が胃酸を緩和してくれるため、空腹時に比べて胃の負担が軽減されます。
また、食後は薬を飲むのと同じタイミングであり、摂取を忘れにくいというメリットもあります。

複数回に分けて飲むのも効果的

ノコギリヤシの成分を体内に継続的に保つために、複数回に分けてノコギリヤシサプリを摂取するのもおすすめです。

ノコギリヤシを1日2回に分けて160mgずつ摂取させたところ、排尿障害の改善効果が得られたという実験報告があります。また、200mgずつ2回に分けて摂取させたところ、男性型脱毛症(AGA)の改善効果が得られたという報告もあります。

こうした事例を参考にして、朝食後・昼食後などの複数回に分けてノコギリヤシを摂取するのもよいでしょう。

寝る直前の摂取はおすすめしない

ノコギリヤシは基本的にいつ飲んでも構いませんが、寝る直前に飲むのはあまりおすすめしません。ノコギリヤシを飲むために寝る直前に水分を摂取してしまうと、寝ている途中で尿意が起こりやすくなってしまいます。
夜間の頻尿の改善目的でノコギリヤシを摂取する場合も、寝る直前ではなく、夕食後や寝る数時間前などに摂取するようにしましょう。

ノコギリヤシは継続することが大切

ノコギリヤシを飲むタイミングをいくつかご紹介しましたが、最も重要なのは摂取を長く続けることです。
ノコギリヤシには多くの健康効果と美容効果がありますが、そうした効果は身体の調子を整えながらゆっくりと作用します。ノコギリヤシには基本的に即効性はなく、十分な効果を得るためには長期間摂取を続けることが重要です。

ノコギリヤシの高い効果を得るために、自分の生活サイクルにあった摂取を続けやすいタイミングを探してみることをおすすめします。